最期の会話

最期の会話



90歳の病床の父に
耳元で話しかけた

「今までの人生で
何が一番嬉しかった?」

すると真っ直ぐに返ってきた

「(私と)話ができたこと」

・・・こんなに幸せなことはない」




女性であることの嫌悪感

10代から30代まで長い間

父と話ができなかった


この2年間は

父の通院の付き添いや

毎日の減塩の食事作りで

父との距離が縮まった


最期の救急搬送の前

初めて私を頼ってくれた

おしめを替え

蒸しタオルで身体を拭いた

そして心から喜びがこぼれた




旅立つ2日前の会話


「ずっと親子でいてね」

間髪入れず 力強く

「当たり前だ」



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。